看護師転職 > 看護師転職-転職活動の流れ

看護師転職-転職活動の流れ

転職を検討しているのであれば、「来月からすぐに転職したい」というような急な予定をたてるのではなく、3~6ヶ月ほどの余裕を持って考えるようにしましょう。焦って転職をしてしまっても良いことはありません。急いで転職をしたところ、前の職場よりも環境が悪いところに決めてしまったという人もいるようです。

確かに看護師は転職しやすい職業ではありますが、あまりにも転職回数が増えると転職活動の際にマイナス評価されてしまう可能性があります。

転職を考えた時に最初にしておきたいことが、求人に必要な情報収集です。そのためには、自分が転職先にどのようなことを希望するのかよく考えておくことが大切です。適当に求人情報を並べて比較したとしても、自分に合った職場を見つけるのは難しいことですよね。

環境を優先するのか給料を優先するのか勤務地を優先するのか、人によって重視するポイントは違うわけなので、妥協できる点とできない点も考えておきましょう。いくつか選択肢があって迷ってしまった場合は、実際にその医療機関を見学しに行ってみるのもおすすめです。

応募をするところが決まったら、履歴書と看護師免許のコピーを添えて応募をするのが一般的です。過去の在職証明書や業務経歴書も提出するように言われる場合があるので、用意しておいたほうがいいですね。

次に面接を受けて合否判定となるのですが、試験が行われることは少なく、ほとんどの場合は面接のみで採用か否かが判断されます。無事採用が決まってから今の職場に退職を希望するのが一般的です。引継ぎなどもあるので、実際に転職をするのは1~3か月後の話となるでしょう。

そのため、いつまで待ってもらえるのか転職先に確認しておく必要もあります。あとは3週間前から1か月前に退職届を提出し、前の職場での引継ぎを行っていきます。

新しい職場へは国民年金・厚生年金、社会保険などに関する書類を提出する必要があるので、いつまでに何をすればいいのかというのは、転職活動を始める前に確認しておいたほうがいいです。


転職エージェントで看護師求人を探す

看護師は転職情報が非常に多くありますが、だからといって他の仕事に比べて簡単に転職ができるというわけではありません。その理由として挙げられることが、業務の専門性が高いということです。

一般的な仕事の中には、あまり知識がない人でもアドバイスができるような業種もありますよね。ですが、看護師という仕事は専門的な知識を持っている人しか転職に関するアドバイスができない仕事でもあるため、転職に関して様々な悩みを抱えてしまう人もいます。

同じ職場の看護師や上司に相談をするという方法もあるかもしれませんが、同じ職場の人間に対して転職相談はしにくいという人もいるのではないでしょうか。

そこで利用したいのが、転職エージェントです。看護師という職業以外でも転職エージェントは活躍しています。看護師専門の転職エージェントを活用すれば、看護師という仕事の知識に加え、転職について詳しい知識を持った人からアドバイスをもらい、スムーズに転職活動をすることができます。

注意しなければならないのが、看護師が転職をする際には、看護師専門の転職エージェントに相談したほうがいいということです。様々なジャンルの転職情報を取り扱っている転職・就職支援サイトもありますが、やはり看護師専門のところを利用したほうがより多くの情報を手に入れることができます。

転職に失敗したとあとから後悔する人もいますが、そういった人の多くは、個人で転職先を探してしまったようです。もちろん、インターネットを使って様々な情報を集めることは可能ですが、内部的な事情などは実際に就職してみなければわからないことが多いですよね。

転職エージェントの力を借りれば、実際に応募をする前に勤務先の内部事情や特徴などを知ることができるので、より自分に合った職場探しができるようになります。転職活動に失敗をしないためにも、転職エージェントを活用して理想的な職場探しをしてみてはどうでしょうか。